国内外の優れた児童書で、親子の時間を楽しもう

良い本は心の扉を開く鍵である。最近では、子供たちの入学時間が遅れたと同時に、親たちが仕事を始める時間も延期された。さて、この時間で親たちが子供と一緒に読書すればどうでしょうか。これで、知識を増やすだけでなく、親と子供の感情を深め、子供たちをよりよく理解するでしょう。長編や読みづらい本は子供たちの好みではないですよ。文字と絵が並んで、面白くて生き生きとした本こそ一番です!ここで親たちのために優れた子供向けの本をいくつか用意しました。次の書籍リストをご覧になってください。

 

在宅は本とともに イチオシの人気小説

最近、自宅で暇な方が多いでしょう。スマホを弄ったりニュースを読んだりするのもつまらなくなってしまうから、休日を活かして小説を読みましょう。例えば、アジア初のヒューゴー賞の受賞作品である『三体』、必ずあなたに休みや食事も忘れさせてくれる~東野圭吾の『ダイイング・アイ』は真相を一歩ずつ教えてくれます。起承転結のストーリーは魅力的です!厳歌苓の『陸犯焉識』は映画版がありますが、原作を読んではじめて文字の魅力を更に感じられ、人間同士の感情は複雑で真摯なものだと感じられる...家で何を読みますか?人気小説はおすすめ!

 

在宅の暇つぶしに本を読んで 一々精読に値する古典的な人文傑作

楊絳はこう言った。若い時は本を読まないと人生を理解できないと思ったが、人生を理解できなければ、本を読み取ることはできないと後で分かった。読書の意味は生活の感覚で本を理解し、読書の収穫で生活することでしょう。読書には良い本が必要で、良い本は何度も何度も読んでも飽きることはない。読書は知識を充実させるのみならず、魂が静められる。良い本を読むのは知恵のある者と話し合うことと同じように、心の疑惑を解いたり、心の灯を灯したりするから、前に進む道を開いてくれる。良い本を鑑賞し、風や雪も歳月の夕焼けになろう。

 

北京観光公式サイト
Copyright@2002-2020 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved