順義のさくらんぼは赤くなり、早速さくらんぼ狩りを体験してみましょう

さくらんぼ栽培の歴史が悠久な順義は北京市さくらんぼ主要産地の一つです。充分な日照時間が原因で順義産さくらんぼは鮮やかな色を呈し、大量の糖分をためます。上質の水源がために順義産さくらんぼは豊富な栄養を含みます。微酸性の砂地は順義産さくらんぼの品質を上げます。こんなに甘くて美味しいさくらんぼを見逃してはいけません。順義さくらんぼ狩りの攻略をお届けします!
 
大きくて甘い!今年のさくらんぼ狩りは通州区へようこそ

皆さんもご存知の通り、「さくらんぼは美味しいだが栽培が難しい」という話があります。世界公認の果物栽培「黄金ゾーン」である北緯40度線に位置し、気候条件・地理環境などさくらんぼ栽培に最適な条件を揃えた西集鎮は1.1万ムー以上の栽培面積を持ち、早大果、紅灯、レーニア、甘心、黒星、沙蜜豆などの数十種類の優良品種を育てきました。
 
さくらんぼ狩りのシーズンが始まった 海淀区における「ハニー」路線3本を!

5月23日には、海淀区第20回さくらんぼ文化祭が開催されました。熟成したさくらんぼが満ち満ちて本当に心に惹かれます。好きなものを摘み取り口に入れることはさくらんぼ狩りの楽しさに間違いないです。さくらんぼ狩りにはどこがいいでしょうか。ここで3本の摘み取り路線を特別にご紹介します。
 
真っ赤で甘い昌平産さくらんぼがお待ち!

北京では、毎年の5月中旬から6月中旬までは、さくらんぼのシーズンとなります。食欲をそそる果肉に、透明感のあるバラ色、甘酸っぱい食感に、誰もその誘惑に抵抗することができないでしょう?第一陣の昌平産さくらんぼだからこそ、大きいだけでなく、味が濃厚で、歯触りがよく、食感がジューシーです。一口を食べると、素晴らしい甘さが口の中で爆発して、呼吸も贅沢になるほどそのおいしさに驚きます!
 
門頭溝区のさくらんぼが旬に、一番のさくらんぼ狩り攻略

さくらんぼは古来より「百果より先に熟成」、「公認の高価値果物」、「春物一番」という美称があります。もうすぐ六月に入り、門頭溝区のさくらんぼも熟成しました。ぜひご家族でさくらんぼ狩りに行きましょう!
 

北京観光公式サイト
Copyright@2002-2020 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved