頤和園を散歩

頤和園メイン景観区は万寿山、昆明湖が組み合わせられており、園内全体の専有面積は3.08平方キロメートルで約3/4が水面で占められています。園内には各式の宮殿、庭園7万平方メートルが現存し、合わせて世間でも名の知られている貴重な文化財所蔵品があり、第一期の中国重点文化財保護単位で5A景勝地となっています。

 

圓明園を散歩

圓明園は康煕46年(西暦1707年)に建設が始まり、圓明、長春、綺春の三園からなっています。専有面積は350ヘクタール(3.5平方キロメートル)、建築面積は約16万平方メートルで、清朝の皇帝が150年余りの間建設し運営してきた大きな皇室の宮中庭園です。
 

南鑼鼓巷を散歩

昼間皇室庭園を散歩し終わり、夜まだまだ歩けれるようであれば北京で最も人気のある胡同--南鑼鼓巷を散歩すると良いでしょう。南鑼鼓巷は元の時代に建てられたもので、中国で唯一元の時代の「魚の骨」のようで、碁盤の目のような構造で居住エリアを並べた北京の胡同が残されています。かつて歴代の高官が居住し、740年以上の歴史を擁する遺産であり、元の時代からの異なる建築スタイルが集まっています。

北京観光公式サイト
Copyright@2002-2020 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved